年に1度は渋谷で♪

昨日は渋谷で
年に1度のお祭り

秋のQーsai大感謝sai'14 
the 11th anniversary

楽器挫折者救済合宿関連の
年に1度のイベントです

今年は31組
1組1曲ずつで
毎回メンバー総入れ替えなので
ライブハウスのPAさんは
たいへんデス

過去1年間に合宿に参加した回数分だけ
出場権利があるので
こぎろおるとしては2回GET

昨年も
一昨年も
続けて演奏だったのですが
今回は
なぜか
2回に分けての演奏。

セットリスト
珈琲カップに
新月の森から

今回はオブリに挑戦。
ピロピロ弾き始めたのは
今年からで
なかなか
課題満載デス

あと、今年の音の響きは
思ってた感じと違って
ちょっと戸惑いながらのステージでした。
戸惑ってるように見えてないみたいダケド
体調かなぁ?
耳の調子かな?
PAさんとの感性かな?
なんだろうなぁ???



このイベントも
第4回から出てるので
ずいぶんとお世話になっています
過去には
ドラムやベース、ボーカルのみは
バンド組んでやったりしてました。
今年の他の方は
ふなっしーバンドとか
オリジナルをバンドで演奏したりとか
ギターを初めて1年で弾き語りとか
なんだかいろいろ

毎年
このイベントで
いろんな方のステージみて
振り返りをしてみたり
今後の展望を考えたり

ということで
こぎろおるも4年目デ~ス
スポンサーサイト

河口湖へ行ってきました♪

春の三連休は
1年ぶりに
Qsai合宿行ってきました

毎回ドラムで参加してましたが
今回は
エレキギターで参加

チョーキングとか
スライドとか
エレキっぽい弾き方を
という希望を出して
ビートルズの「Back in the USSR」

原曲にはないフレーズを入れたりして
3日間エレキのみ

といいたいトコロですが
持っていったアコギを弾いて
唄ったりして
気分転換
やっぱり唄いたいヒトなんだよね・・・と実感

アコギより指痛くないよって言われたけど
指先は赤く腫れてきて
手首もピキピキと
余計な力が入ってるんだなぁと思いつつ
力を抜くということを
心掛けてみる。
完全に痛めては弾けなくなってしまうから
その辺を調節しながら
練習、練習。

3つくらいのフレーズを
ひたすら練習

誰も唄わないような曲を
ボーカル助っ人をするようにと鬼は言うし
まわりも言うけど
今回は却下
ちなみに曲は
MAN WITH A MISSIONの「Get Off of My Way」

合宿行くと
数曲やることがなんだかイイことのような雰囲気があって
確かにいくつかやらないと
バンドとしては成り立たないのはわかるし
知ってる唄を唄うのはそんなに難しくはない。
知らない曲を覚えるというのも
合宿だからできることで
自分ひとりだと知ってる曲は偏ってしまう。

それでも。
今回も(実はここ数年そんなスタンスなのです)
1曲

あれもこれも質問して
ちょっとやってみて
できないことは省いていって
なんとなく帳尻合わして
やらなくっちゃ〜と思いながらも
できることでなんとかその場を凌いで
やらないまま、できないまま・・・。

同じ壁にぶち当たる。
そろそろ気付こうヨ。
ソレがとても大切だってことに。

2004年3月。
10年前に、突然ギターをやりたいって思ったのです。
それまで音楽はやってなかった。
唄うことは好きだけど
カラオケ程度。
相談したヒトが
買い物に付き合ってくれて
Fが押さえられるアコギをGET

10年後・・・
買った時は
そんな先のコトなんて
思い描いてもいなかった気がします


今回エレキをやって
ギターって面白いなって
改めて思った
エレキに転向することはないと思うケド

夜のフリータイムでたこ焼き焼いたり
早朝散歩で
逆さ富士見たり。

そんなこんなの
18回目の合宿参加デシタ

ご一緒していただいた皆様
ありがとうございます。
またどうぞよろしくです (^^♪

ライブの情報は
こぎろおるのHPでも確認できます。
またブログでも書いていきます~(ガンバリマス(^_^;))

都会では・・・

春の花がたくさん咲いてます

ショカツサイ
スイセン
モクレン
レンギョウ
ホトケノザ
アセビ
フキノトウ
・・・などナド

職場の最寄駅から
徒歩30分でシゴト場に着きます。
その30分のコースで
春の花を楽しめる季節になりました


で。
この週末(正しくは金曜日から)
河口湖

ハイ!
例のごとく楽器救済合宿デス
詳細はコチラ

なんとなく
1月に参加して
発表会を終えて
アノ雪の中
ドキドキしながら帰ったからか
なんだかとても
中途半端な気分だったのです

案の定
講師との会話も
前回の続きからスタート

こうしたいという気持ちと
こうしたほうがヨイのではないかという気持ちが
絶えず
なんだか
自分の中にあって
自分がしたいことよりも
こうしたほうがヨイと思うことを
優先してきたんだなぁって。
それはそれでヨイし
どちらかが
正しいわけじゃないと思うんだ

この合宿でドラムを始めたのは
2008年の5月。
アレから5年かぁ・・・。
付き合いも長いなぁと思いつつ
今回は
彼に一任。

やってきた課題は
1990(Complex)
3拍ウラにバスドラを踏むのが
簡単なのにできない
でもわかってくると
楽しいリズムだった
テンポキープよりも
リズムの楽しさだけで
やってしまった・・・

今回は
助っ人なしで
これだけ。

なので
空いてる時間は
外でいっぱい唄ってました
ちょっとした芝生があって
そこで唄うのは気持ち良いですヨ

余興として
てのひら(UZU)
春待ち風に(こぎろおる)

こぎろおるの二人が
出会った場所
いくつかの偶然から
今があって
これから
どのくらい出来るのかわからないけど
やりたいなぁって思う気持ちを
大事にしていこうって思った

そして。
唄い始めた頃の気持ちを
忘れずにいたいなぁって。

誰でも
始めはあって
始めるのに決まりなんてなくて
でも
なんかあるような気がして
迷ったり
こんなのでイイのかなぁって
悩んだり
そういうイロイロなことを
包む込んで
唄っていきたいなって。

ちょっと
一息つけた感じの時間デシタ
また来週から
どこかのお店で唄います ♪

第114回Qsai合宿♪

この三連休は
河口湖におりました

楽器挫折者救済合宿
という旅行に参加。
詳細はコチラ↓
http://www.q-sai.net/index.html

最終日の14日。
朝6:30では
あぁ、雪だぁ~(^^って感じだったのですが
宿を出た15:30頃には
ひざ下くらいまで積雪

帰りの河口湖~新宿が
バス運休ということで
慌ただしくみなそれぞれに判断して
帰宅へと急ぐ。

大月まで行ってそこで止まったらどうするの?
とか
高尾から新宿動いてないみたい
とか
雪はそろそろ小振りになる
とか
いろんなウワサが・・・

なんだかんだと
最寄駅まで帰ってきたのはいいけど
そこからがタイヘンでした

ゴロゴロのカバンだったので
雪道では通用せず
住んでいる場所は丘の○○と言われるくらいの坂道。
スーツケース抱えて
自宅に戻りました

家に着いたら
ふらふらで
もうちょっと体力あればなぁとか
荷物はもっとコンパクトにすればよかったとか
いろいろ思ったけど
帰ってこれて一安心


さてさらっとイベント中の
演奏のメモ。

課題曲が決まるまでの時間を利用して
ゲリラライブ ♪
こぎろおるで演奏。
・過ぎてゆく季節のなかで
・雨のモチーフ
・おへんじいそぐの

課題曲決定
・Cheap Hippies(REBEC) ドラム

助っ人曲
・The Night They Drove Old Dixie Down(The Band)ボーカル

余興
・炭酸水(こぎろおる)
・笑顔のさきに(UZU)


ドラムという楽器

金曜日から
楽器救済合宿に参加してきました

ワタシの
ドラムの出発点
で。
今回もドラムで参加。

定員14名のことろ、
7名での開催だったので
ちょっとした家族みたいな感じでした

講師の方とも
ゆっくり話せる時間もあって
ちょっぴり風邪気味で
無理して参加したような感じだったけど
参加して良かった。
「今」だから聞けたのかなぁと
思ったりしています

初日の夜に
話してくれたコトを
ちょっとシェアしたいと
思って日記に


ドラムは
ドラムセッとして売っているので
なんだかそれだけで
完全な楽器のような気になっているけど
不完全な楽器なのだ。

セットとして売っていなくても
スネアとか
シンバルとか
それが完成されたもののような
気になっているけど
それらも
不完全なのだ。

そういった不完全な楽器を
演奏するするプレイヤーが
完全にしていく。

もっといえば
そのヒトにしか出せない音があり
これは○○さんの音ね

聞いているヒトからすれば
わかるような
そんなドラマーになってほしい。


ついでに書くなら
なぜそういう話になったかというと

譜面にある音符を
その通りに叩くということに
気をとらわれ過ぎていませんか?
と言われたのデス

耳コピをして
それを譜面に落として
その通りに叩いていれば
まぁなんとかクリア

という段階からそろそろ脱するべきだとは
思っているが
なかなかドラムに時間が割けなくて・・・
と、先に言い訳がでてしまう

まぁ、
今回のドラムは
いかにデジタルな音を出すか
人間味のない音を表現することが課題だったので
今まで通りにいかないっていうのは
あったけどね


ドラム課題曲 :赤道小町ドキっ/山下久美子
余興(アコギ):夜のはじまりに/UZU

初めてオリジナルやって
講師からコメントもらって
ちょっとだけ喜んで帰ってきました
今やってるコトは
間違ってはいない。
けど。
両方やるって結構大変だね

といいつつ
絞る気はないんだけどね
プロフィール

uzu

Author:uzu
UZU(うず)
アコースティックユニット「こぎろおる」
Vo&AG ♪

天気の良い日に
空を見上げて
気持ちいいなぁと思う
そんな感覚を持てる時間を
周りのヒトと一緒に
過ごしていきたい

そして
穏やかな
やさしい気持ちに
なれるといいな

自分を見失うことなく
ゆるゆると継続的に
自分の感じるままに
少しずつなりたい自分へ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR