卒業

あたたかい春の日差しが
校舎をつつみ・・・

小学校の卒業式の答辞の冒頭
今日のような
晴れた日に
思い出すワンフレーズ

言いだすタイミングが
難しかったなぁとか
そういうコトまで思い出したりしながら


今日は
ボランティアでずーっと関わってきた
事業の最終日

小学1年から3年生まで
48人を対象に行った事業で
年に4回実施され
今日がその4回目

おそらくこの事業は
毎年人気でキャンセル待ちがでるくらいなので
来年も実施されるとのこと。

でも。
私は卒業
今日で終わり
ホントに終わり

ムカシの資料を見ていたら

2001年度~2003年度・2005年度は班付きリーダー
2006年度よりPD(Program Director)担当

ということは

合計11年もやっていたのか
そして。
PDを6年もやっていたのか

長かったなぁ

今回、まったく事前打ち合わせなしでの実施。
職員はそれでいいから
またよろしく
っていうけれど
丁重にオコトワリしてきた

またこれも一区切り。
ある意味「卒業」
スポンサーサイト

過ぎてゆく季節のなかで

本日は1日野外で過ごしていました。
小学1年~3年生48名で
日帰りキャンプ

年4回事業で
今回は2回目。
この事業も10年以上関わっているが
毎年、毎回、かわっていく。

ネイチャーゲームという要素を取り入れて
秋を感じてもらうということで
「カモフラージュ」
20111103001
この写真の中に偽物があります。
さてどこでしょうか?

火おこし器をつかって
ご飯を炊こうということで
「舞ぎり式火おこし器」
20111103002


そして。
秋はさつまいもということで
スイートポテトに挑戦
20111103003


実はこの資料作成を
今週の火曜日にしていたというコトで
関わったスタッフの方には
大変ご迷惑をおかけしました

最近自分が手伝う事業も
当日に資料をもらうことが多く
ドキドキしていたコトを考えると
ホントに申し訳ないなぁと
深く反省中

気持ちがなかなか向かなくて
前日まで
逃げ出したい気持ちでおりました

ホントに月に3本くらい
キャンプをしていた頃に比べると
今は
自分の気持ちがギターにいっている気がしますが
このまま素直に進むとは思えない。

何かを作っていくことが好きなんですね
と言われましたが
でもなぜそれがキャンプだったのか
そして
今はそれが音楽なのか

今日は
自然の中で
身を置く時間を持つことで
自分が解放されていくことを
感じました

プログラムを進行しなきゃいけないのに
その任務に押しつぶされることなく
この、自分が解放されていく時間を
なくしたくないなぁ
そう感じた自分がいました

不思議な感覚

心地よい時間は
自分が気づかないまま過ぎてゆくから
ただその時に
身をゆだねて過ごしていきたい
そんな風に
時間を過ごしていきたい

最近作った歌詞に近いと感じた
11月3日文化の日

煙もくもく

昨日は秋分の日
三ツ沢公園にて
野外活動イベントのお手伝い

小1&2年の
日帰りキャンプで
クラストを作り
野外炊事でカレーを作り
午後は公園内で
目隠しをしてロープを頼りに歩くとか
木登りするとか
わんぱく&おてんばな感じで遊びました

途中片付けで
鍋についたススを新聞紙で落として
こんなによく落ちるんだぁと感心して
(散々ヒトには話してるのに)
遊んでしまったり
なかなか楽しい1日でした

20110923


終了後急いで移動し
バンドの練習
2時間みっちりやりました

1曲しかやらないのに
2時間ってスゴイです。
しかも、
休憩したりしないで何度も繰り返しました


野外炊事の煙のもくもく
スタジオだってもくもく
プロフィール

uzu

Author:uzu
UZU(うず)
アコースティックユニット「こぎろおる」
Vo&AG ♪

天気の良い日に
空を見上げて
気持ちいいなぁと思う
そんな感覚を持てる時間を
周りのヒトと一緒に
過ごしていきたい

そして
穏やかな
やさしい気持ちに
なれるといいな

自分を見失うことなく
ゆるゆると継続的に
自分の感じるままに
少しずつなりたい自分へ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR